そのほかの耳の変形

耳介図の出典、コトバンクHPで、もとは小学館の大百科全書

  • 副耳
    副耳は、耳の前や頬にイボ状に突起したもの(形成外科学会HP)、耳の穴の前やほほに皮膚におおわれたイボ状のできもの(小児外科学会HP)などと表現される、皮膚の突起です。多いのは耳珠(耳の穴の前方の隆起に隣接した軟骨を含む有茎状突起です。重複した耳珠( Duplicated  Tragus )です。
    治療は内部の軟骨を含めて切除します。

  • 埋没耳、耳輪埋没症
    耳介の上部が側頭に埋まっています。指で引き出すことが出来ますが、手を離せば戻ってしまいます。耳の裏側の耳介横筋、耳介斜筋といった筋肉の位置異常が原因とで耳介軟骨が皮下に引き込まれています。
    (画像は札幌医科大学形成外科さま、慶應義塾大学のRauber-Kopsch解剖学
    mimi001.jpgmimi02.jpgjikai_anatomy.jpg
  • 埋没耳の矯正治療

信州大学の広瀬、松尾先生らは、歯科矯正用の金属線と医療用カテーテルを組み合わせた手作りの矯正装置を考案して、耳介に装着することで1歳以下なら、早い時期から始めるほど短期間で埋没が矯正できることを発表しました。
matsuohirose.jpg matsuo_mimi_kekka.jpg

同じく信州大学杠、野口、松尾の論文での、非観血的治療。文具のクリップを使い、紙絆創膏を巻いたスプリント

yuzu_mimi.jpg

要は、耳介にうまくフィットして、埋没した耳介を引き出して維持できればよいので、様々なタイプの自作スプリントが工夫されてきました。筆者も一時はそうした手法をとっていました。
簡単には、耳介上部を引き出したら、戻らないように(皮膚に優しい種類の)紙ばんそうこうを貼っておけば、矯正効果があります。

耳介上部をおおう皮膚が足りない場合、折れ癖が非常に強い場合は、矯正効果が薄いようです。
また、折れ曲がった軟骨をしっかり直すには、手術治療が必要かと思います。

参考:KOKENという会社から、イヤースプリントという矯正具も発売されました。軟らかいシリコン樹脂に軟膏線を埋込んだものです。誤飲防止の紐が付いています。